本文へスキップ

日本ドッグホーム協会は高齢者とペットを支援する社会奉仕団体です

TEL. 054-360-1345

【静岡施設】静岡県静岡市清水区小河内925-1

活動内容 13歳のゴールデンのチコちゃんが仲間入りしました

2014年1月23日 13歳のゴールデンのチコちゃんが仲間入りしました

大型犬の13歳はかなりの高齢犬。本来ならば残りの犬生を飼い主さんに甘えながら穏やかに過ごしていくところだったのですが…
現実はそうはいかなかったのです。犬も高齢だけど、飼い主さんも高齢者、そしてこの方は独居高齢者世帯。その飼い主さんが病に倒れてしまったのです。
代わりに飼育してくれる人がいればいいのだけれど高齢の飼い主の方のお知り合いもおそらく高齢者が多いことでしょう。突然大型犬の飼育は無理だろうし、自分の体力を考えれば「私が里親になりましょう」と手を挙げる人もいません。

飼い主がいなくなってしまった犬は、今の日本の行政では、行政処分(殺処分)という方法になってしまいます。
こんなキュートな笑顔のチコちゃんを保健所へ連れていこことができるでしょうか…
そんなことできません。 飼い主さんは自分の病気でも体が思うように動かなくてもチコちゃんの命を何とか助けたいと必死で探してやっと日本ドッグホーム協会のことを知ることができたそうです。
チコちゃんが日本ドッグホーム協会に仲間入りしたのは飼い主さんが入院する前日のことでした。

ペットと楽しく暮らしている高齢者もたくさんいらっしゃると思います。でもこんなふうにご自身の病気と闘いながらペットの行く末を心配している方もたくさんおられるのも現実です。


日本ドッグホーム協会に仲間入りした後のチコちゃんは〜


入所後、まもなく耳血腫になってしまい切開手術
(耳血腫は耳に分泌液や血液がたまることで、耳が膨らみ熱をもち、痛みやかゆみをともなう病気です。)

  
手術後のチコちゃんは
両耳、テーピングでぐるぐる巻きで痛々しいけど、13歳の高齢で手術の麻酔に耐えることもでき(犬は全身麻酔だから怖いです)無事に退院。
飼い主さんのもとをはなれ、新しい環境にまだ慣れていない時に手術でかわいそうだったけど、チコちゃんは頑張りました!
私達スタッフや新しい生活にも慣れ、笑顔を振りまいて元気に暮らしています。



 



関連記事
 2014年3月28日 15歳のアッシュ君が仲間入りしました
 2014年7月31日 高齢者の愛犬「キー」ちゃんが仲間入りしました





リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座トップページ


このバナーから購入!
購入額に応じて
日本ドッグホーム協会に寄付されます




犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』





日本ドッグホーム協会

★本部事務所
〒298-0112
千葉県いすみ市国府台763-14
TEL 0470-86-6020


★静岡施設
〒424-0302
静岡県静岡市清水区小河内925-1
TEL 054-360-1345
FAX 054-360-1346

お問い合わせ

E-mail. dog@doghome.jp